借地権の買取りは、双方の同意が必要なことから交渉が難航することも多いです。買取りたいと考えているのが地主なのか第三者なのか、または借り主が買取ってほしいと考えているのかなどケースも複雑なことが多く、当事者同士ですんなりと決まるということはあまりありません。

たとえば借り主が地主に借地権を買い取ってほしいと希望したにも関わらず地主が承諾しなかったため、第三者に権利を売却するということもあります。買取り自体に同意しても、金額についてもめるということもありえます。土地の価値というのは、所有権と使用権がセットになっている方が高くなります。そのため使用権しかない借地権付きの住居を避ける人もいます。地主が売却する場合にも、使用権のない底地は単純に所有権のある土地よりも価値が下がります。そのような関係もあり、交渉が難航したり買い手が見つからないという事態が起きます。

素人では難しい部分もあるため、借地権を買取ってほしいという場合には、専門家に相談するのがおすすめです。不動産関係者や法律関係者など、相談を行っている業者は多いですが、まずは無料相談からはじめましょう。無料相談であれば複数の業者に相談して比較したりして、より客観的な意見を集めることができます。相談の結果によって買取りや売却をやめることになったとしても、損することもありません。

Comments Are Closed!!!