買取りも可能

買取りも可能

運営者 No Comments

借地権が不要になった場合、地主の許可を得れば権利を買取りしてもらうことができます。この時、売り手は当然地主から土地を借りている借り主ですが、買い手は誰になるのでしょうか。買い手には2つの可能性が考えられます。

1つは地主が買取るケースです。通常契約期間が満了し、更新をしなければ土地の使用権も地主に戻ってくるため、地主の買取りにはメリットがないと思われがちです。実際には、期間途中であったり更新時でも何らかの理由があれば借地権の買取りが行われることがあります。たとえば、契約期間がまだ残っている時に地主がその土地を使いたいと思っても、地主には使用権がないため使用できません。そこで地主には借り主から借地権を買取る必要が出てくるのです。また、更新時に地主が土地を返して欲しいにも関わらず、借り主側に契約を更新したいという意思があったとします。土地上に建物があり、そこに住んでいる人がいる場合には、無理やり追い出すということはできません。そのため、建物と土地の権利の対価を借り主に支払い、退去してもらうことになります。

もう1つは地主でも借り主でもない第三者です。借り主が引っ越しを希望する時に、権利の残り期間と建物を合わせて売却するというものです。これには地主の承諾が必要で、地主にとっては単純に契約を結ぶ相手が変わるということになります。