借地権の扱い

住居を建築するための土地には、自分で購入した所有権のある土地と、他人である地主が所有する物を借りる借地権によって利用できる土地があります。借地の場合、地主が所有する土地自体を底地と呼びます。通常土地の所有権を持っている場合には、その土地を使用する権利がありますが、底地の場合は所有はしていても使用する権利はありません。土地の使用権は借り主が持っていることになるため、貸している限り所有者が使用することはできません。

一般定期借地権の場合、契約期間が終了した後は更新ができませんが、普通借地権の場合は地主と借り主で決めた期間が終了した後、さらに期間を更新することができます。期間の途中で借り主が退去したくなった時や、更新時に地主か借り主のどちらかが更新を希望しなかった場合、基本的には借り主が有利になるようなルールが定められています。不当に住居を失うということがないようにという理由ですが、地主側のデメリットが大きくなり過ぎないようにするための決まりもあります。その一つに借地権の買取りがあります。

借りている物を売買するというのも不思議な話ですが、あくまでも権利の買取りなので、土地自体を売買するわけではありません。また、土地だけでなく建物があるかどうかというのも影響してきます。状況によって扱いが変わり、話し合いによって決められる部分が多いため、非常に複雑ですが、主なケースとして一般的な扱いを説明します。